Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Recommend

Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 音楽ブログへ
スポンサーサイト
2011.10.01 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Say It Like You Mean It / The Starting Line
2007.10.07 Sunday 00:32
The Starting Lineのファースト。Drive-Thru Recordsからのリリースです。
彼等は何とインターネットを通じて知り合い、バンドを結成したそうです。

何年か前に彼等の初来日のライブを観に行った事があります。
僕の記憶が正しければ、当時ボーカルのケニーはまだ10代だったと思います。10代とは思えない堂々としたステージングを覚えています。

プロデュースは、マークトロンビーノで、楽曲のクオリティもサウンドも完成度が高いです。Drive-Thruは良質なメロディックバンドを多く排出しておりますが、The Starting Lineはその中でも抜群にグッドメロディ度が高いです。

M1のUp & Go、M3のLeaving、辺りはアッパーチューンで曲はもちろん良いのですが、コーラスワークも光る物があります。
M4のThe Best Of Meはシングルカットされたのでしょうか?このアルバム一番の名曲です。
M5のA Goodnight's Sleepはスロウテンポで落ち着いた感じの曲です。
日本盤にはボーナストラックとして、Three's A CharmとGreg's Last Daysが収録されています。Three's A CharmのPVは面白いので是非見て頂きたい。
ツインギターなので、凝ったギターオーケストレーションにも注目したいです。

個人的にジャンル別けというのはあまり好きではないですが、敢えて言うなら諄く無い青春パンクといった所でしょうか。
オールドスクールのメロディック、HCしか専門に聞かない友人でさえ、このアルバムは絶賛していたのでビックリしました。

1. Up & Go
2. Given The Chance
3. Leaving
4. The Best Of Me
5. A Goodnight's Sleep
6. Almost There, Going Nowhere
7. Cheek To Cheek
8. Hello Houston
9. Decisions, Decisions
10. Saddest Girl Story
11. Left Coast Envy
12. The Drama Summer
13. This Ride


| Why I'm Me | Music | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2011.10.01 Saturday 00:32
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://cooocky.jugem.jp/trackback/21